読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monica厩舎の一口馬主日記

一口馬主初心者があれこれつぶやきます。。。

レッドベルローズ(レッドファンタジアの15)近況

レッドベルローズ

17.03.15

ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでおり、現在は屋内坂路コース800mを週2日ハロン16秒のペースで登坂、週2日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、週2日はウォーキングマシンでの運動を行っています。成長にあわせてじっくりと進めていますので、馬体にも余裕のあるコンディションで調教を行いたいと思っていますが、乗り込みを重ねても馬体重が減らなくなってきたことは馬自身が強くなった証。調教での走りも終いの反応が良くなっており、しっかりと体力がついてきていることを実感させてくれます。現段階で求めるものは着実にクリアしてくれていますので、このまま良い状態で進めていければと思います。馬体重は450キロです。


至って順調です(´∀`)


馬体重も現時点で450㎏あれば全く問題ないでしょう✨


秋デビューを目指すでしょうし、このまま頓挫なく進めていってほしいです。


月末の写真更新が今から楽しみ( ^ω^ )


(上記近況は東京TC様から転載許可を得ております)

パドトロワ産駒

雑談

パドトロワ産駒は16年産が初年度産駒。


正直現役時代の成績は他の種牡馬と比べて見劣りしますが、それでも種牡馬入りできたのは自身の血統の良さでしょう✨



母系を辿っても、祖母のスターバレリーナローズS勝ち馬で高松宮記念セントウルSで2着の実績。



そして母グランパドドゥ中日新聞杯の勝ち馬。



母の兄弟にはステレオタイプがいますので、パドトロワロゴタイプの従兄弟に当たります🏇



その母にスウェプトオーヴァーボードをつけたことで、予想通りというか、パドトロワは短距離のスペシャリストでした💨


f:id:monica-stable:20170314184350p:plain



で、そもそもなんでパドトロワのことを書いているかというと、単にふと思い出したからです笑


上で「種牡馬入りできたのは〜」とか偉そうに書いておきながら、種牡馬になったことも知りませんでしたw


そこで、せっかくなので去年産まれた仔たちを調べて見たというワケ(゚∀゚)



JBIS Search さんに名前が載っていたのは全部で50頭。



そのラインナップをなんとなーく見ていると社台ファームの生産馬で凄い仔が( ゚Д゚)


f:id:monica-stable:20170314190356p:plain

フジキセキの2×3!!

体質面が心配ですが、こういった狂気の血統にはそそられますw



ギャンブル感覚で持ちたいですが、私の入っているクラブで社台ファームから流れてくるのは東サラだけだからな〜



まぁまず間違いなくセリで個人馬主の元に行くと思いますがw



因みに岡田スタッド生産馬も1頭います。
(トウヨウロイヤルの16)



こちらは母方にノーザンダンサーのクロスがあり、薄めな血統のパドトロワの相手としては好ましいのではないでしょうか💡



もしかするとノルマンディーで募集されるかもしれませんね(´∀`)

シルクのキャンセル募集で申し込みたい馬

シルクHC

14年産は年明け前の12月にあったようですが、15年産はまだのようですね^^;


そもそもキャンセル募集がどれくらいの競争になるのか分かりませんが、おそらくお馬さんによっては数百倍くらいでしょうか⁇


これくらいの時期になると、昨年の出資申し込み期間からこれまで約半年経っていますので、調教動画や近況等踏まえある程度順調かそうでないかというのが分かり始めてくるころだと思います。


シルクの勝ち上がり率はここ数年50%ほどですので、単純に1回勝てるのも、募集馬の内半分ほどという事になります。


ただ募集馬の中には、失礼ながら勝ち上がりが極めて難しそうな馬もいる一方、まず間違いなく勝ち上がりはするだろうと思える馬がいるのも事実です。


まず間違いなく勝ち上がると思っている馬の期待値は勿論もっと上にあるのですが、勝ち上がればひとまず安心ですからね🌱



そこで私見ではありますが、「まず間違いなく勝ち上がるだろう」と考えている=キャンセル募集に申し込もうと思っている仔たちを以下に書いていきます✏️


ただ1億ほどする仔は走って当たり前というか(例えばブレイニーランとか)、そもそもそんなにお金がないので、上限7万(3500万)までででピックアップします^ ^



(以下の近況及び画像はシルクホースクラブホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ております)




① グラマラスライフ (父:ハーツクライ) 一口:¥64,000


f:id:monica-stable:20170308205704j:plain

2017/03/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週3回は軽めの調整

担当者「この中間も坂路で乗り込んでいますが、本数を重ねていく毎に、楽に登坂するようになりました。以前は馬込みに入れると、ムキになるところが窺えましたが、だいぶコントロールが利くようになり、集中力が増してきました。トモ高でややアンバランスな形になっていましたが、ここに来てキ甲が少し高くなり、胴が伸びたことで、だいぶ大人の体つきになってきました。調教に関しては順調そのもので、走りのバランスが良く、軸がしっかりしていることもあり、騎乗していても安定感抜群です。手応えも他馬と比較しても余裕があり、能力の高さがこちらに伝わってくるぐらいです。体調面は良好なものの、飼い葉食いが細い馬なので、なるべく調教メニューを工夫しながら馬体を維持していきたいと思います。」馬体重457kg




② ディロス (父:ステイゴールド) 一口:¥64,000


f:id:monica-stable:20170308210130j:plain

2017/03/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週3回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き周回コースと坂路で調教を行っていますが、この中間からハロンペースを上げ、登坂回数も2本にして乗り込みを強化しています。飼い葉の量を増やしても残さず完食してくれますし、ここまで疲れが出ることもなく、順調に進めることが出来ています。性格が真面目な馬ですから、どのコースで調教を行っても手を抜くことなく、一生懸命走ってくれるので、日に日に動きが良くなっています。この調子で乗り込みを継続しながら良化を図っていきたいと思います」馬体重484kg




③ ルナステラ (父:ディープインパクト) 一口:¥100,000


f:id:monica-stable:20170308210137j:plain

2017/03/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週3回屋内周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、坂路調教のペースを更に上げて乗り込んでいます。現在まで馬体減りもなく飼い食いもいいのですが、成長が早いタイプではなさそうなので、じっくり進めていこうと思います。ハロン17秒を開始してからの動きは悪くないですが、気性的にピリッとしやすい精神面や馬体の成長を考えてこのペースを維持していくつもりです。背中の感触から体幹がしっかりしてきたのが伝わってきており、課題としていたトモの緩さは継続した運動により改善されてきています。体調・脚元ともに問題はなく、ペースを上げても体重が増えてきているように体調のバイオリズムは上がってきています。今後は、このように少しずつ右肩上がりに成長していけるように、焦らず成長を促しながら進めていきたいと思います」馬体重461㎏




④ キープシークレット (父:ダイワメジャー) 一口:¥60,000


f:id:monica-stable:20170308210816j:plain

2017/03/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20~22秒のキャンター2,400m

担当者「2月に入ってから坂路調教のペースをハロン16秒まで上げていたのですが、2月8日に右前脚を軽く捻挫し、1週間ほどウォーキングマシンの運動だけで様子を見ていました。脚元は順調に回復し、2月15日から周回コースで軽く乗り出し、現在は坂路調教のペースが再びハロン16秒まで上がってきたところです。この1週間の休養期間がちょうどいいリフレッシュになったようで、休養前よりも楽な手応えで登坂できていますから、体力が徐々に備わってきているのだと思います。気性面の方も少しずつ落ち着きが出てきていますし、期待通りの成長が窺えます。今後も様子を見ながら乗り込みを続けていきます」馬体重476㎏


※ルナステラは10万ですが、お兄ちゃんのスワーヴリチャードは同世代の牡馬で最強だと思っていますし、それがハーツ→ディープに変われば走らないわけないでしょう…(どうせ当たらないし ブツブツ)


私のキャンセル募集ドラフトは以上の4頭です。

どれもまず間違いなく落選だとは思いますが、万が一一頭でも当選したら最高ですねw

できればここでポイントを消費したいところです笑

芝芝芝芝芝芝

雑談

私の2歳出資馬は全部で6頭います。
(シルク:4頭/ノルマンディー:1頭/東サラ:1頭)


改めて見てみるとある事が気になりだしました。それは、、、



全部柴山芝馬疑惑!
(柴山疑惑は1頭だけです)




私としては特に芝にこだわっているつもりでもないのですが、ほしい馬を選んでいったらこうなってしまった感じです…
(ということは芝馬を欲しているとも言えますが笑)


とはいえまずは勝ち上がらないと何も始まらず、それなりに適正があれば芝馬でも「とりあえず手薄なダートで勝ち上がって…」などといったワザも使えるわけですが。


そこで今回は、そのあたりの適正を各馬見ていきたいと思います。(注)あくまで私見です


芝1本で勝負してほしい部門☆彡


東) レッドベルローズ(父:ディープインパクト)

ノ) ブリリアントリリー(父:ハーツクライ)


この仔たちは出資時点で芝の大レースを目指してほしいと思っていた馬たちです。


レッドベルローズは前記事にも書いた通り、芝戦線での大活躍を期待している馬。
monica-stable.hatenablog.com



リリアントリリーは近況でも「フットワークからも断然芝向きの印象を受けます」とかとか言われていますし、あまりつぶしはきかなそう…


ですので、芝で勝負できないと困るところがあります笑


デビューも遅くなりそうですし、一戦必勝体制で臨んでほしい٩( ᐛ )و


ダートはあまり向かなそうな部門😞


シ) アンブロジオ(父:ローズキングダム)


お母さんの現役時はダートの短いところでゴリゴリやっていたみたいですが、この仔の馬体からはどうもダート適正を見出せません。


スマートなシルエットで断然芝向きのスピードを備えているように感じます。


お父さんも男馬にしてはあまり大きいほうではなかったですし、それでいてスパッと切れる脚を持っていましたのでそこに似てくれたら良いですね♪(´ε` )


こちらも一戦必勝態勢で芝のレースを勝ち上がってほしいです。

血統的にはダート向きそうだけど…部門


シ) ベルフロレゾン(父:クロフネ)


こちらは似た配合に先日のフェブラリーSにも出走したホワイトフーガがいますが、あちらは500キロを超える雄大な馬体。


対してこの仔は現時点で430キロほどしか無いですし、パワー不足も指摘されており、ダートは厳しいのかなという気がしています。


ただ血統的にはむしろダートの方が向きそうですし、両睨みで行ってくれたら良いですネ(*´꒳`*)

どっちもいけるんじゃない?部門


シ) テネイシャス(父:キングカメハメハ

シ) サラーブ(父:ルーラーシップ)


共に高倍率の抽選になった仔たちですし、まずしばらくは出資者にクラシックの夢を見させるために芝を使うはず。


ただもし芝でもうひと押し足りなくなった場合は、ダートもいけるんじゃ無いかと思っています。


特にサラーブは、シルクのお姉さんが芝/ダート二刀流で共に高いレベルで走っていますし、この仔も500キロ弱の雄大な馬体。


向いているのは芝だと思いますが、ダートでも全然勝負できるんじゃないかと思っています。


まあこの2頭はそんな心配なくさっさと上に行ってくれると思ってるんですケドね(´∀`)




そんな訳で各馬の適正を100%私見で述べてきた訳ですが、当面の目標は『全頭勝ち上がり』!


レッドベルローズ
サラーブ
テネイシャス

はその点心配していないのですが、他の3頭、特にブリリアントリリーは時間の面で少し心配しています…


勝ち上がってしまえばあとは良くなる一方なので一安心ですが、まずはその第一関門を突破することですね!


みんながんばれ〜

誕生日おめでとう🎂

シルクHC

今日はシルクのインハーフェイバーの3歳の誕生日です(^^)

おめでとう✨


11月のデビュー戦後にけがをしてからこれまで、ずっと北海道でリハビリを頑張っています🏇


ここのところ急にピッチを上げて1F16秒あたりの調教が出来ていますし、この辺りで更にじっくり乗り込んで、順調にいけば4月中に帰厩、5月中には復帰戦ということも考えられるかもしれません☺︎


先日兄のサンデーウィザードがOPまで上がりましたし、ヒーズインラブも1000万クラスで目途が立っています。


お母さんのシーズインクルーデッドはディープをつけた仔以外はよく走る、といった時代に逆行した面白いお馬さんですw


この仔のお父さんワークフォースも、残念ながらここ日本では‘失敗種牡馬’の烙印を押され、欧州に返されてしまいましたが、お兄さんたちの活躍、デビュー戦までの過程、レースでの走りを見ると、どうも未勝利にいるべき馬には思えません。


お父さんが欧州に帰ってしまった今では貴重な血だと思いますし、どんどん活躍してもらって、更にその価値を高めてもらいたいところです( ´ ▽ ` )ノ


またデビュー戦は須貝先生の考えもありダートを走りましたが、一度芝を試してみてもらいたい気もします。

ただ時期が時期ですし、まずは1勝できるよううまくエスコートしてもらいたい。

そのあとは彼女自身で高みに上ってくれるはずです!


1,200万のワークフォース牝馬ということで、そこだけ切り取ると一般的にはあまり期待できないと思われがちかもしれません。


ただ私としては初めての愛馬でありますし、それを抜きにしても相当期待している仔なので、まずは無事に復帰してくれることを願っています☆★

シルクのポイントをどうしようか

雑談 シルクHC

現在シルクのポイントが9,000ほど貯まっています。

16年産の募集以降、今のところは出資しない方針なので、この貯まったポイントをどうしようかと考えているところです。

9,000円分となるとそのまま捨てるのは勿体無いし、かといって今年これ以上頭数を増やすのも…といった感じ(o_o)


とはいえ、まだ募集中のお馬さんで気になるのが2頭いるので、出資云々ではなく、ちょっと近況を追っていきたいなとは思っています(^^♪

  • ブラストワンピース
  • ジャックローズ


ともにハービンジャー産駒の牡馬です。

現時点で2頭とも残口警告すら出ておりませんが、どちらも順調そのもの。

ここまで人気がないのは、残念ですがハービンジャー産駒自体の人気の無さでしょう(´・ω・`)

売れ残りに福がありがちなシルクですし、少なくともこのどちらかは活躍するのではないかと思っています!

私としてはどちらも良いなと思ってますが、どちらかを選ぶとしたらジャックローズの方ですね。惹かれている理由の一つがその名前の由来 ★「バラ色のカクテル」🍸 ☆


これは個人的な話になりますが、14年産から一口馬主を始めた私。

今の3歳馬ではインハーフェイバーに出資していますが、実は他にもう1頭出資馬がいました。

「いました」ということは、そのお馬さんは競走馬にはなれなかったのです。

ジャックローズと同じハービンジャーの牡馬で、名前の由来もカクテル名より「ロックローモンド」。

ゲート試験もクリアし、デビューに向けて天栄で乗り込んでいたところ、残念なことに調教中の事故で命を落としてしまいました。

その仔と重ね合わせている部分もあるのかもしれませんが、そのような理由からジャックローズは個人的に応援したいと思っています。


少し話が逸れましたがシルクの残ポイントをどうするかという問題について、ジャックローズがこのまま成長を見せてくれて、移動の見通しが立った時にまだ募集していたらもしかしたら一口行ってしまうかもしれません('ω')

あとは追加募集の馬たち。

スイープトウショウの15がシルクで募集されるか?という話をどこかで見ましたが、今のところその様子はありません。

もし今後の追加募集のラインナップに載ったら検討したいと思います☺

あとは外国産馬ですね🐎

一昨年のウォリアーズクロス、去年のリゾネーターと上のクラスでも見込みが立つ馬が募集されていますし、楽しみに待ちたいと思います✨

パカパカファームが一口馬主に参入

以前から噂になっておりましたが、本日、パカパカファームを母体とする一口クラブ「ワラウカド」が2歳馬の募集を始めました(http://www.waraukado.club/) (^^♪

*入会金:10,000+税 / 月会費:2,000+税 (1/500口募集)

 

現時点の募集馬は以下の3頭🏇

db.netkeiba.com

【牡】父:ディープインパクト(矢作厩舎)

 2015年セレクトセール当歳主取(8,500万)

募集総額:9,000万

 

db.netkeiba.com

【牝】父:オルフェーヴル(友道厩舎)

2015年セレクトセール当歳主取(7,500万)

募集総額:3,500万

 

db.netkeiba.com

【牡】父:キングズベスト(加藤征厩舎)

募集総額:1,200万

 

はじめの2頭はそれぞれディープブリランテの全弟、クラリティスカイの半妹と2/3がGⅠ馬の下ですし、バブルドリームの15もキングズベストの牡馬で1,200万。

 

私はすでにシルク、ノルマンディー、東サラの3クラブに入会しておりこれ以上クラブを増やすわけにはいきませんが、このラインナップ、そして価格には驚きですΣ(・□・;)

 

現在社台/ノーザン以外の牧場系クラブというと以下があります。

 

ここに新たな非社台牧場系クラブとして‘ワラウカド’が加わったわけですが、目下勢い上昇中のノルマンディーはマツリダゴッホアイルハヴアナザーといった渋めな血統馬が多く募集されている一方、こちらではディープやオルフェといった上位種牡馬が中心に募集されることになるでしょうし、そこの棲み分けはできそうです☺

 

ワラウカドではパカパカファームとダーレージャパンファームの生産馬がラインナップに乗ってくる見込みですので、この2つの牧場の代表生産馬を少し見てみたいと思います。

 

  • パカパカファーム

ディープブリランテ

クラリティスカイ

ピンクカメオ

 

ディサイファ

サドンストーム

ダノンシャンティ

 

前に書いた今回の募集馬の兄弟をはじめ、GⅠ馬や重賞戦線で活躍している馬たちばかりでこれは期待が持てそうですね(^^)/

 

今後数年は会員を集めるために良い馬をリーズナブルな価格で募集するはずですし、これから一口を始める方やクラブの追加を考えている方にとっては非常に魅力的なクラブだと思います!(^^)!

 

 

 

んー、ラヴアンドバブルズにいきたい笑